輪郭形成の方法について

輪郭形成として有名なのはVラインの形成

輪郭形成として有名な物は垂直骨削りなどを行う「Vラインの形成」です。
顎の部分の骨を垂直に切り出し、それを切除することにして下顎全体を細くすることができます。
そのためかなり印象として小顔がはっきりと出るようになるのです。
また同時に水平に切ったり顎の幅を減らし、左右のシンメトリーを取ったり短くすることによって、かなり小顔効果が現れるという方法があります。
顎をV字型にすることは海外では、とてもよく行われていることです。
つまりおすすめなのは、顎ラインをVの字にすっきりとさせたいという人や顎の幅が広くて悩んでいる人やシンメトリーさに欠けている人が、お勧めです。

#両顎DT中 です。
腫れは大分収まってきたけど口周りの痺れはまだまだありますね。
5年前にセットバックを日本でやって今回2度目の #輪郭形成
痺れの後遺症は覚悟していましたが、いざそうなるとやはり気になるものです… #韓国整形 だったので帰国してからのダウンタイムは不安に過ごしています。

— ルフォー|失敗 韓国 症例 1型 ssro 骨切り手術 セットバック 日本の名医 (@blsks239) 2019年6月18日
顎を出すには骨ギリをして前方に移動させるということや顎の長さを骨削りをして改善していくという方法があります。
しかしながら骨の状態によって、一人一人変わってくるので、最適な方法をしっかりと医師に考えてもらう必要があります。
丸みを出しシャープにすることも、可能です。
顎は口元を中心に丈夫やカブそれから左と右などかなり広い範囲に、分類することができます。
このような分類によると、一般に言われている事はした後の縦横をさせていることが多いかと思いますが、医学の現場ではオトガイなどと言った言葉で表現することがあるのです。

輪郭形成として有名なのはVラインの形成輪郭形成は個人に最適な手術方法を選ぶのが大事腫れが少なくダウンタイムを短く済ませる方法などもある

輪郭形成フェイスライン(輪郭形成術)