輪郭形成の方法について

輪郭形成は個人に最適な手術方法を選ぶのが大事

輪郭形成として有名なのはVラインの形成輪郭形成は個人に最適な手術方法を選ぶのが大事腫れが少なくダウンタイムを短く済ませる方法などもある

かなり顔全体を細くするということが、とても大切になります。
特にオトガイというのは一番顔を見た時に目に入りやすい場所であり、そこがすっきりとしているだけでもそこをしっかり見るわけではなくても、やはり印象としてとても小さく細い顔に見ることができます。
大体平均的な女性の幅は35mm程度で、鼻翼の幅から少し大きいくらいが望ましい、美しく見えると考えられています。
ただ横幅だけにこだわるのではなく、全体的な印象として小さく見えるように長いとか短いとか出ているとかへこんでいるなどといった部分についてよく大切な要素と考えてその最適な手術方法を選ぶことが大切になります。

主にオトガイの横幅を小さくするためには、垂直に骨ギリする方法と下の端を斜めに切るという予報二つの方法があります。
どちらが優れているというわけでもなく、長さや糖質具合それから神経の位置などを調べその人個人に最も最適なものができるように行なっています。
垂直に切るのは2009年頃、韓国で発生した方法です。
横幅を小さくする方法で本来水平に切る方法だったものを、縦方向に切るところから垂直骨切り術などと、呼ばれるようになりました。
8mmから12mm程度幅が短くなり、かなりすっきりとした顎周りになることは間違いありません。