輪郭形成の方法について

腫れが少なくダウンタイムを短く済ませる方法などもある

またその部分を平均的にするために、筋肉の具部分がたわんで前方に突出してしまうことがあり、結果的にやや前方に出てしまうという可能性があります。
ですので、顎が出ている人よりもへっこんでいる人に向いている方法ということは間違いないでしょう。
口の内側から手術を行い粘膜を剥離することによって、下顎をむき出しにし骨を切って、デザインしていき、骨を切っていきます。
またその下部分で斜めに骨切りをする方法も、人気が高い方法です。
横幅は減少し全体的にすっきりとした顎を形成することができます。
形によって、水平社の長さは変わってきますが、エラ付近までかなりスッキリできるようなこともあります。
先端を切るときは5mm程度ができますが、さらに短くしたい場合は、水平骨切りを同時に行うことによって、不可能ではありません。
腫れが少なくダウンタイムなども短く済ませることができるのも、大きなメリットです。
顎先が少しだけ出ていたり、左右の長さが微妙に違うような時はグラインダーなどを用いて骨を削るような方法も選択する時があります。

輪郭形成として有名なのはVラインの形成輪郭形成は個人に最適な手術方法を選ぶのが大事腫れが少なくダウンタイムを短く済ませる方法などもある